356x237

Artistes

The 1975

À propos de The 1975

イギリス・マンチェスター出身の 4 人組ロックバンド。マシュー・ヒーリー(vo,g)、アダム・ハン(g)とロス・マクドナルド(b)がもともと組んでいたパンク・バンドに、ジョージ・ダニエル(ds)が加入、最初はマシューがドラマーとしてプレイしていたが、ジョージが加入するとマシューはヴォーカルに転向し、現体制で活動を開始する。デビュー以前は、爽快なパンク・ナンバーを制作していたが、その楽曲をより洗練しエレクトロニックな要素を追加。その頃から現在のようなエモーショナルかつポップな音楽性が徐々に姿を見せるようになる。2011 年、ダーティ・ヒットと契約。トークハウス、スローダウン、ビッグスリープ、ドライヴ・ライク・アイ・ドゥなどさまざまなバンド名を名乗り、時には毎夜バンド名を変えることがあったというが、マシューが出会った古本の巻末にあった走り書きから抜粋した The 1975 を最終的なバンド名とした。そして 12 年、「ザ・シティ」を軸とする EP「フェイスダウン」をリリース。“愛・ドラッグ・不安”をモチーフにしたこの作品は、ダイナミックなドラムと煌びやかなフレーズが作り出す夜の期待感、夜が更けた時の静寂さや陰鬱さが表現されている。その後も立て続けに、「セックス」(12 年)、「ミュージック・フォー・カーズ」(13 年、旧題「チョコレート」)と EP をリリース。「ミュージック・フォー・カーズ」ではアークティック・モンキーズなどをプロデュースするマイク・クロッシーと共に制作する。『The 1975』(13 年)と自らのバンド名を冠した 1st アルバムでは、これまでにリリースした三部作の EP に収録されている曲をはじめ、ポップ、エレクトロ、R&B、ファンクなど多岐に渡る音楽的要素をロックと融合させ、オルタナティヴで掴み所のない幅広い楽曲を生み出し、全英ビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。2nd アルバム『君が寝ている姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』(16 年)では、シンセサイザーやビートマシンなどが用いられ、今までよりも強くエレクトロとの融和が感じられる「アー!」や「パリ」、そして「ラヴ・ミー」や「シーズ・アメリカン」といったディスコを彷彿とさせるファンク・サウンドが際立つ楽曲など、よりポップに仕上がったアルバムと なっている。このアルバムで、イギリスだけでなくアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、スコットランドの 5 ヵ国のビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。翌 17 年には、動員数 4 万人以上を誇るラティテュード・フェスティバルで初のヘッドライナーを務め、世界的なブレイクを果たした。18 年には、3rd アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリース。このアルバムでは、これまでのポップなサウンドにトランプ米大統領への痛烈な批判、移民・難民問題など多くの政治的なメッセージや、若者が抱えるメンタルヘルスの問題など、シリアスな歌詞を乗せた楽曲が収録されており、これまでの活動で得た多くのリスナーに社会的なメッセージを投げかけている。19年、イギリスで行われたレディング&リーズ・フェスではヘッドライナーとして、ポスト・マローンフー・ファイターズらと肩を並べ、その大役に相応しい白熱したアクトを披露した。同年にはサマーソニックにも出演し、同日にウィーザーフォール・アウト・ボーイなど名だたるアーティストが揃う中、その日のベスト・アクトと多くの声が上がるようなライヴを日本でも行なってみせた。4 枚目のアルバム『仮定形に関する注釈』の発売にさきがけ、19 年 7 月に配信された「The 1975」では、地球温暖化阻止を訴える活動家、グレタ・トゥーンベリのスピーチを使用し、リスナーに“今こそ目覚め、反逆の時だ”と語りかけている。さらに同年8 月に配信された「ピープル」は、アンチ・ファシズムのキッズにエールを送る内容となっている。20 年 2 月に発売予定であった同アルバムだが、リリースの延期が発表。しかし、ファンの間ではさまざまな問題を抱える現代社会へ向けたメッセージを込めたアルバムになるのではないかと憶測が立てられる中、5 月にリリースされた。

356x237

The 1975

イギリス・マンチェスター出身の 4 人組ロックバンド。マシュー・ヒーリー(vo,g)、アダム・ハン(g)とロス・マクドナルド(b)がもともと組んでいたパンク・バンドに、ジョージ・ダニエル(ds)が加入、最初はマシューがドラマーとしてプレイしていたが、ジョージが加入するとマシューはヴォーカルに転向し、現体制で活動を開始する。デビュー以前は、爽快なパンク・ナンバーを制作していたが、その楽曲をより洗練しエレクトロニックな要素を追加。その頃から現在のようなエモーショナルかつポップな音楽性が徐々に姿を見せるようになる。2011 年、ダーティ・ヒットと契約。トークハウス、スローダウン、ビッグスリープ、ドライヴ・ライク・アイ・ドゥなどさまざまなバンド名を名乗り、時には毎夜バンド名を変えることがあったというが、マシューが出会った古本の巻末にあった走り書きから抜粋した The 1975 を最終的なバンド名とした。そして 12 年、「ザ・シティ」を軸とする EP「フェイスダウン」をリリース。“愛・ドラッグ・不安”をモチーフにしたこの作品は、ダイナミックなドラムと煌びやかなフレーズが作り出す夜の期待感、夜が更けた時の静寂さや陰鬱さが表現されている。その後も立て続けに、「セックス」(12 年)、「ミュージック・フォー・カーズ」(13 年、旧題「チョコレート」)と EP をリリース。「ミュージック・フォー・カーズ」ではアークティック・モンキーズなどをプロデュースするマイク・クロッシーと共に制作する。『The 1975』(13 年)と自らのバンド名を冠した 1st アルバムでは、これまでにリリースした三部作の EP に収録されている曲をはじめ、ポップ、エレクトロ、R&B、ファンクなど多岐に渡る音楽的要素をロックと融合させ、オルタナティヴで掴み所のない幅広い楽曲を生み出し、全英ビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。2nd アルバム『君が寝ている姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』(16 年)では、シンセサイザーやビートマシンなどが用いられ、今までよりも強くエレクトロとの融和が感じられる「アー!」や「パリ」、そして「ラヴ・ミー」や「シーズ・アメリカン」といったディスコを彷彿とさせるファンク・サウンドが際立つ楽曲など、よりポップに仕上がったアルバムと なっている。このアルバムで、イギリスだけでなくアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、スコットランドの 5 ヵ国のビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。翌 17 年には、動員数 4 万人以上を誇るラティテュード・フェスティバルで初のヘッドライナーを務め、世界的なブレイクを果たした。18 年には、3rd アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリース。このアルバムでは、これまでのポップなサウンドにトランプ米大統領への痛烈な批判、移民・難民問題など多くの政治的なメッセージや、若者が抱えるメンタルヘルスの問題など、シリアスな歌詞を乗せた楽曲が収録されており、これまでの活動で得た多くのリスナーに社会的なメッセージを投げかけている。19年、イギリスで行われたレディング&リーズ・フェスではヘッドライナーとして、ポスト・マローンフー・ファイターズらと肩を並べ、その大役に相応しい白熱したアクトを披露した。同年にはサマーソニックにも出演し、同日にウィーザーフォール・アウト・ボーイなど名だたるアーティストが揃う中、その日のベスト・アクトと多くの声が上がるようなライヴを日本でも行なってみせた。4 枚目のアルバム『仮定形に関する注釈』の発売にさきがけ、19 年 7 月に配信された「The 1975」では、地球温暖化阻止を訴える活動家、グレタ・トゥーンベリのスピーチを使用し、リスナーに“今こそ目覚め、反逆の時だ”と語りかけている。さらに同年8 月に配信された「ピープル」は、アンチ・ファシズムのキッズにエールを送る内容となっている。20 年 2 月に発売予定であった同アルバムだが、リリースの延期が発表。しかし、ファンの間ではさまざまな問題を抱える現代社会へ向けたメッセージを込めたアルバムになるのではないかと憶測が立てられる中、5 月にリリースされた。

À propos de The 1975

イギリス・マンチェスター出身の 4 人組ロックバンド。マシュー・ヒーリー(vo,g)、アダム・ハン(g)とロス・マクドナルド(b)がもともと組んでいたパンク・バンドに、ジョージ・ダニエル(ds)が加入、最初はマシューがドラマーとしてプレイしていたが、ジョージが加入するとマシューはヴォーカルに転向し、現体制で活動を開始する。デビュー以前は、爽快なパンク・ナンバーを制作していたが、その楽曲をより洗練しエレクトロニックな要素を追加。その頃から現在のようなエモーショナルかつポップな音楽性が徐々に姿を見せるようになる。2011 年、ダーティ・ヒットと契約。トークハウス、スローダウン、ビッグスリープ、ドライヴ・ライク・アイ・ドゥなどさまざまなバンド名を名乗り、時には毎夜バンド名を変えることがあったというが、マシューが出会った古本の巻末にあった走り書きから抜粋した The 1975 を最終的なバンド名とした。そして 12 年、「ザ・シティ」を軸とする EP「フェイスダウン」をリリース。“愛・ドラッグ・不安”をモチーフにしたこの作品は、ダイナミックなドラムと煌びやかなフレーズが作り出す夜の期待感、夜が更けた時の静寂さや陰鬱さが表現されている。その後も立て続けに、「セックス」(12 年)、「ミュージック・フォー・カーズ」(13 年、旧題「チョコレート」)と EP をリリース。「ミュージック・フォー・カーズ」ではアークティック・モンキーズなどをプロデュースするマイク・クロッシーと共に制作する。『The 1975』(13 年)と自らのバンド名を冠した 1st アルバムでは、これまでにリリースした三部作の EP に収録されている曲をはじめ、ポップ、エレクトロ、R&B、ファンクなど多岐に渡る音楽的要素をロックと融合させ、オルタナティヴで掴み所のない幅広い楽曲を生み出し、全英ビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。2nd アルバム『君が寝ている姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』(16 年)では、シンセサイザーやビートマシンなどが用いられ、今までよりも強くエレクトロとの融和が感じられる「アー!」や「パリ」、そして「ラヴ・ミー」や「シーズ・アメリカン」といったディスコを彷彿とさせるファンク・サウンドが際立つ楽曲など、よりポップに仕上がったアルバムと なっている。このアルバムで、イギリスだけでなくアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、スコットランドの 5 ヵ国のビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。翌 17 年には、動員数 4 万人以上を誇るラティテュード・フェスティバルで初のヘッドライナーを務め、世界的なブレイクを果たした。18 年には、3rd アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリース。このアルバムでは、これまでのポップなサウンドにトランプ米大統領への痛烈な批判、移民・難民問題など多くの政治的なメッセージや、若者が抱えるメンタルヘルスの問題など、シリアスな歌詞を乗せた楽曲が収録されており、これまでの活動で得た多くのリスナーに社会的なメッセージを投げかけている。19年、イギリスで行われたレディング&リーズ・フェスではヘッドライナーとして、ポスト・マローンフー・ファイターズらと肩を並べ、その大役に相応しい白熱したアクトを披露した。同年にはサマーソニックにも出演し、同日にウィーザーフォール・アウト・ボーイなど名だたるアーティストが揃う中、その日のベスト・アクトと多くの声が上がるようなライヴを日本でも行なってみせた。4 枚目のアルバム『仮定形に関する注釈』の発売にさきがけ、19 年 7 月に配信された「The 1975」では、地球温暖化阻止を訴える活動家、グレタ・トゥーンベリのスピーチを使用し、リスナーに“今こそ目覚め、反逆の時だ”と語りかけている。さらに同年8 月に配信された「ピープル」は、アンチ・ファシズムのキッズにエールを送る内容となっている。20 年 2 月に発売予定であった同アルバムだが、リリースの延期が発表。しかし、ファンの間ではさまざまな問題を抱える現代社会へ向けたメッセージを込めたアルバムになるのではないかと憶測が立てられる中、5 月にリリースされた。

Sélections sur Napster

500x500

Chill Out & Feel Good

À propos de The 1975

イギリス・マンチェスター出身の 4 人組ロックバンド。マシュー・ヒーリー(vo,g)、アダム・ハン(g)とロス・マクドナルド(b)がもともと組んでいたパンク・バンドに、ジョージ・ダニエル(ds)が加入、最初はマシューがドラマーとしてプレイしていたが、ジョージが加入するとマシューはヴォーカルに転向し、現体制で活動を開始する。デビュー以前は、爽快なパンク・ナンバーを制作していたが、その楽曲をより洗練しエレクトロニックな要素を追加。その頃から現在のようなエモーショナルかつポップな音楽性が徐々に姿を見せるようになる。2011 年、ダーティ・ヒットと契約。トークハウス、スローダウン、ビッグスリープ、ドライヴ・ライク・アイ・ドゥなどさまざまなバンド名を名乗り、時には毎夜バンド名を変えることがあったというが、マシューが出会った古本の巻末にあった走り書きから抜粋した The 1975 を最終的なバンド名とした。そして 12 年、「ザ・シティ」を軸とする EP「フェイスダウン」をリリース。“愛・ドラッグ・不安”をモチーフにしたこの作品は、ダイナミックなドラムと煌びやかなフレーズが作り出す夜の期待感、夜が更けた時の静寂さや陰鬱さが表現されている。その後も立て続けに、「セックス」(12 年)、「ミュージック・フォー・カーズ」(13 年、旧題「チョコレート」)と EP をリリース。「ミュージック・フォー・カーズ」ではアークティック・モンキーズなどをプロデュースするマイク・クロッシーと共に制作する。『The 1975』(13 年)と自らのバンド名を冠した 1st アルバムでは、これまでにリリースした三部作の EP に収録されている曲をはじめ、ポップ、エレクトロ、R&B、ファンクなど多岐に渡る音楽的要素をロックと融合させ、オルタナティヴで掴み所のない幅広い楽曲を生み出し、全英ビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。2nd アルバム『君が寝ている姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』(16 年)では、シンセサイザーやビートマシンなどが用いられ、今までよりも強くエレクトロとの融和が感じられる「アー!」や「パリ」、そして「ラヴ・ミー」や「シーズ・アメリカン」といったディスコを彷彿とさせるファンク・サウンドが際立つ楽曲など、よりポップに仕上がったアルバムと なっている。このアルバムで、イギリスだけでなくアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、スコットランドの 5 ヵ国のビルボード・アルバム・チャートで 1 位を獲得した。翌 17 年には、動員数 4 万人以上を誇るラティテュード・フェスティバルで初のヘッドライナーを務め、世界的なブレイクを果たした。18 年には、3rd アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリース。このアルバムでは、これまでのポップなサウンドにトランプ米大統領への痛烈な批判、移民・難民問題など多くの政治的なメッセージや、若者が抱えるメンタルヘルスの問題など、シリアスな歌詞を乗せた楽曲が収録されており、これまでの活動で得た多くのリスナーに社会的なメッセージを投げかけている。19年、イギリスで行われたレディング&リーズ・フェスではヘッドライナーとして、ポスト・マローンフー・ファイターズらと肩を並べ、その大役に相応しい白熱したアクトを披露した。同年にはサマーソニックにも出演し、同日にウィーザーフォール・アウト・ボーイなど名だたるアーティストが揃う中、その日のベスト・アクトと多くの声が上がるようなライヴを日本でも行なってみせた。4 枚目のアルバム『仮定形に関する注釈』の発売にさきがけ、19 年 7 月に配信された「The 1975」では、地球温暖化阻止を訴える活動家、グレタ・トゥーンベリのスピーチを使用し、リスナーに“今こそ目覚め、反逆の時だ”と語りかけている。さらに同年8 月に配信された「ピープル」は、アンチ・ファシズムのキッズにエールを送る内容となっている。20 年 2 月に発売予定であった同アルバムだが、リリースの延期が発表。しかし、ファンの間ではさまざまな問題を抱える現代社会へ向けたメッセージを込めたアルバムになるのではないかと憶測が立てられる中、5 月にリリースされた。

Sélections sur Napster

500x500

Chill Out & Feel Good
Disponibile sur iOS, Android, Windows et Web

De la musique en écoute illimitée, où que vous soyez

30 jours gratuits - puis seulement €9,95 par mois